来季から投手の二段モーションなど反則投球が厳格適用されるようで、プロ野球の世界でも喧々諤々とやっているようです。。。。。
横浜ベイスターズのクルーンや三浦のような二段モーションはもちろんのこと、投球動作の途中で少しでも止まったと判断されれば反則投球と見なされるとか。
さて、来期のプロ野球では、いったいどの程度が反則とされるのか見物です。
そもそも来期から「厳格適用」なんて言ってるほうが??おかしい??でしょ。
ルールは厳格に適用してこそルールです。
ルールに抵触すると気づいた時からバンバン指摘しないとな。

そう言えば、上の息子が4,5年生くらいの時に家の前でキャッチボールをしていたら、横浜ファンだった彼が三浦の真似をして一旦上げた足を少し戻して、再度あげてから投げるという二段モーションで投げたことがあって、「はぁ?、なんじゃそりゃ? そんなの駄目だ!ちゃんと投げれ。」と言ってやったことがありました。
子供たちは自分の好きなプロ選手を真似したりして成長していきますんで、駄目なものは駄目と、厳格にしてもらって、良い見本になってほしいと思いますっ。
考えて見れば、自分も子供の頃、当時ジャイアンツにいた小林投手のサイドスローを真似て投げてみたり、里中さとるや水原ゆうき(ユウキの感じがわからん)のアンダースローの真似をしてみたり、自分もいろいろやってたなぁー(^_^;)