野球-【ルール】

8.01 正規の投球

≪投球姿勢≫

8.00 投手 

8.01 正規の投球
投球姿勢にはワインドアップポジションと、セットポジションとの二つの正規のものがあり、どちらでも随時用いることができる。

投手は投手板に触れて捕手からのサインを受けなければならない。

【原注】
投手がサインを見終わってから、投手板をはずすことはさしつかえないが、はずした後にすばやく投手板に踏み出して投球することは許されない。このような投球は、審判員によってクィックピッチと判断される。投手は投手板をはずしたら、必ず両手を身体の両側に下ろさなければならない。
投手が、サインを見終わるたびに投手板をはずすことは許されない。

 

(a) ワインドアップポジション

投手は打者に面して立ち、その軸足は(投手板の側方にはみ出さないように)全部投手板の上に置くか、投手板の前縁に触れて置き、他の足は、投手板の上に置くか、投手板の後縁およびその延長線より後方に置く。

この姿勢から投手は、

?打者への投球に関連する動作を起こしたならば、中途で止めたり、変更したりしないで、その投球を完了しなければならない。

?実際に投球するときを除いて、どちらの足も地面から上げてはならない。ただし、実際に投球するときは、自由な足(軸足でない足)を一歩後方に引き、さらに一歩前方に踏み出すこともできる。

投手が軸足の全部を投手板の上に置くか、投手板の側方にはみ出さないようにその前縁にピッタリと触れて置き、他の足を投手板の上か、投手板の後縁およびその延長線より後方に置いてボールを両手で身体の前方に保持すれば、ワインドアップポジションをとったものとみなされる。

【原注一】
投手は軸足でない足(自由な足)を投手板から離して置くときは、投手板の後縁とその延長線の後方に置くことを許している。ただし、投手板の両横に置いてはならない。
投手は自由な足を一歩後方に引いてから一歩踏み出すことは許されるが、投手板の両横、すなわち一塁側または三塁側へ踏み出すことは許されない。

【原注二】
本条(a)項の姿勢から、投手は、

?打者に投球してもよい。

?走者をアウトにしようとして塁に踏み出して送球してもよい。

?投手板をはずしてもよい(ボールを両手で保持した投手は、投手板をはずしたら必ず両手を身体の両側に下ろさなければならない)。投手板をはずすときには、最初に軸足からはずすべきで、自由な足を最初にはずすことは許されない。
また前記の姿勢から、セットポジションに移ったり、ストレッチをすることは許されない。
違反すればボークとなる。

【注】
投手が投球に関連する動作をして、身体の前方で両手を合わせたら、打者に投球すること以外は許されない。したがって、走者をアウトにしようとして塁に踏み出して送球することも、投手板をはずすこともできない。違反すればボークとなる。

 

(b)セットポジション

投手は打者に面して立ち、その軸足は(投手板の側方にはみ出さないように)全部投手板の上に置くか、投手板の前縁にピッタリと離れないようにつけて置き、他の足を投手板の前縁およびその延長線より前方に置いて、ボールを両手で身体の前方に保持し、完全に動作を静止する。

この姿勢から、投手は、

?打者に投球しても、塁に送球しても、軸足を投手板の後方(後方に限る)にはずしてもよい。

?打者への投球に関連する動作を起こしたならば、中途で止めたり、変更したりしないで、その投球を完了しなければならない。

セットポジションをとるにさいして”ストレッチ”として知られている準備運動(ストレッチとは腕を頭上または身体の前方に伸ばす行為をいう)を行うことができる。しかし、ひとたびストレッチを行ったならば、打者に投球する前に、必ずセットポジションをとらなければならない。

【原注】
 投手はセットポジションをとるに先立って、片方の手を下に下ろして身体の横につけていなければならない。この姿勢から、中断することなく、一連の動作でセットポジションをとらなければならない。
 投手は軸足を投手板からはみだすことなくその全部を投手板の上に置くか、投手板の前縁にピッタリと離れないようにつけて置かなければならない。軸足の横を投手板にわずかに触れておいて、投手板の端からはみ出して投球することは許されない。
 投手はストレッチに続いて投球する前には(a)ボールを両手で身体の前方に保持し、(b)完全に静止しなければならない。これは義務づけられていて、審判員は、これを厳重に監視しなければならない。投手はしばしば走者を塁に釘づけにしようと規則破りを企てる。投手が”完全な静止”を怠った場合には、審判員は、ただちにボークを宣告しなければならない。

【注一】
本条(a)(b)項でいう”中途で止めたり、変更したり”とはワインドアップポジションおよび、セットポジションにおいて、投手が投球動作中に、故意に一時停止したり、投球動作をスムーズに行わずに、ことさらに段階をつけるモーションをしたり、手足をぶらぶらさせて投球することである。

【注二】
投手がセットポジションをとるにあたっては、投手板を踏んだ後投球するまでに、必ずボールを両手で保持したことを明らかにしなければならない。その保持にさいしては、身体の前面ならどこで保持してもよいが、いったん両手でボールを保持して止めたならば、その保持した個所を移動させてはならず、完全に身体の動作を停止して、首以外はどこも動かしてはならない。

【注三】
セットポジションからの投球にさいして、自由な足は、

?投手板の真横に踏み出さない限り、前方ならどの方向に踏み出しても自由である。

?ワインドアップポジションの場合のように、一歩後方に引き、そして更に一歩踏み出すことは許されない。

【注四】
投手は走者が塁にいるとき、セットポジションをとってからでも、プレイの目的のためなら、自由に投手板をはずすことができる。この場合、軸足は必ず投手板の後方にはずさなければならず、側方または前方にはずすことは許されない。投手が投手板をはずせば、打者への投球はできないが、走者のいる塁には、ステップをせずにスナップだけで送球することも、また送球のまねをすることも許される。

【注五】
ワインドアップポジションとセットポジションとの区別なく、軸足を投手板に触れてボールを両手で保持した投手が、投手板から軸足をはずすにあたっては、必ずボールを両手で保持したままはずさねばならない。また、軸足を投手板からはずした後には、必ず両手を離して身体の両側に下ろし、あらためて軸足を投手板に触れなければならない。

 

【問】
投手がストレッチを行ってから、セットポジションをとるまでに、両手を顔の前で接触させ、そのまま下ろし、胸の前でボールを保持した。ボークになるか。

【答】
たとえ顔の前で両手を接触させても、そのままの連続したモーションで、胸の前に下ろして静止すれば、ボークにはならない。しかし、いったん顔の前で停止すれば、そこでボールを保持したことになるから、その姿勢から両手を下に下ろせばボークとなる。

 

(C)投手が、準備動作を起こしてからでも、打者への投手に関連する動作を起こすまでなら、いつでも塁に送球することができるが、それに先立って、送球しようとする塁の方向へ、直接踏み出すことが必要である。

【原注】
投手は送球の前には、必ず足を踏み出さなければならない。スナップスロー(手首だけで送球すること)の後で、塁に向かって踏み出すようなことをすればボークとなる。

【注】
投手が投手板をはずさずに一塁へ送球する場合、投手板上で軸足が踏みかわっても、その動作が一挙動であればさしつかえない。しかし、送球前に軸足を投手板の上でいったん踏みかえた後に送球すれば、軸足の投手板上の移行としてボークとなる。

 

(d)塁に走者がいないときに、投手が反則投球をした場合には、その投球には、ボールが宣告される。ただし、打者が安打、失策、四死球、その他で一塁に達した場合は除く。

【原注】
投球動作中に、投手の手からとび出したボールがファウルラインを超えたときだけボールと宣告されるが、その他の場合は、投球とみなされない。塁に走者がいれば、ボールが投手の手から落ちたときただちにボークとなる。

【注】
球審は、反則投球に対してボールを宣告したならば、それが反則投球によるものであることを投手に指摘する。
なお、8.02(a)(6)に違反した場合には、そのペナルティーを適用する。

 

(e)投手がその軸足を投手板の後方にはずしたときは、内野手とみなされる。従って、その後、塁に送球したボールが悪送球となった場合には、他の内野手による悪送球と同様に取り扱われる。

【原注】
投手は、投手板を離れているときならば、意のままに走者のいる塁ならどの塁に送球してもよいが、もしその送球が悪送球となれば、その送球は内野手の送球とみなされ、その後の処置は、野球の送球に関する規則が適用される。(7.05g)

(引用は、公認野球規則2006より)

 

スクイズの反則打球

以前(かなり前)「バッターの反則」というのを書きましたが、今年からスクイズの時の反則打球に関するルールが改正されるようですね。
今までは3塁走者がアウトとされていたのがこれからは打者アウトに統一されるそうです。
なんでもベースボールの本場アメリカでは元々そうだったとかで国際化の方向だとか。
少年野球でもたまに話題になるケースですから今年のうちに実際に目にするかもしれませんね。

ところで、スクイズの時に限らず、空中で打った場合はどうなんでしょう?
・バッターボックスの中で打たないといけないのでアウト?
・バッターボックス外に足や体の一部を接地していなければOK?
・バッターボックスのラインから垂直に仮想ライン上げてみて、そこからはみ出ていなければOK?(んなわけないか。)
誰かわかる人教えてください。。。。
自分でルールブックとにらめっこしてみるか。

反則投球2

来季から投手の二段モーションなど反則投球が厳格適用されるようで、プロ野球の世界でも喧々諤々とやっているようです。。。。。
横浜ベイスターズのクルーンや三浦のような二段モーションはもちろんのこと、投球動作の途中で少しでも止まったと判断されれば反則投球と見なされるとか。
さて、来期のプロ野球では、いったいどの程度が反則とされるのか見物です。
そもそも来期から「厳格適用」なんて言ってるほうが??おかしい??でしょ。
ルールは厳格に適用してこそルールです。
ルールに抵触すると気づいた時からバンバン指摘しないとな。

そう言えば、上の息子が4,5年生くらいの時に家の前でキャッチボールをしていたら、横浜ファンだった彼が三浦の真似をして一旦上げた足を少し戻して、再度あげてから投げるという二段モーションで投げたことがあって、「はぁ?、なんじゃそりゃ? そんなの駄目だ!ちゃんと投げれ。」と言ってやったことがありました。
子供たちは自分の好きなプロ選手を真似したりして成長していきますんで、駄目なものは駄目と、厳格にしてもらって、良い見本になってほしいと思いますっ。
考えて見れば、自分も子供の頃、当時ジャイアンツにいた小林投手のサイドスローを真似て投げてみたり、里中さとるや水原ゆうき(ユウキの感じがわからん)のアンダースローの真似をしてみたり、自分もいろいろやってたなぁー(^_^;)

進塁放棄

忘れないうちに昨日の練習試合中、打者のカウント間違いを発端にセカンドランナーにアウトが宣告された件について振り返ってみたいと思います。
何回かは忘れましたがツーアウトでした、走者は2塁。
カウント、ツーワンだかツーツーだがこれまた忘れましたがツーストライクになった所で打者は三振と思い込み打席を外しベンチに戻りました。
それを見た守備の選手達もベンチに帰り出しました。
2塁走者も攻守交替のためにベンチに戻ろうとしました。
まだ2ストライクであることを周りから教えられた打者は打席にもどります。
守りの選手達も2塁走者も元の位置に戻ります。
さぁプレイ再開!と思いきや相手チーム監督さんから確認が、、、
「2塁走者はアウトじゃないですか?」
打者が打席に戻るまでに、2塁走者はピッチャーマウンド位までベンチに向かって戻っていました。
このことを2塁累進に確認した上で、主審は2塁走者にアウトを宣告しました。
.......
ルールブックの登場です。
------------------------
公認野球規則-走者アウトの頁
七・0八
次の場合走者はアウトとなる。
(a)
(1)走者が、野手の触球を避けて、塁間を結ぶ直線から三フィート以上離れて走った場合。
ただし、打球を処理している野手を妨げないために、塁間を結ぶ直線から三フィート以上離れて走った場合はこのかぎりではない。
(2)一塁に触れてすでに走者となったプレヤーが、ベースラインから離れ、次の塁に進もうとする意思を明らかに放棄した場合。
【原注】
一塁に触れてすでに走者となったプレヤーが、もはやプレイは続けられていないと思い込んで、ベースラインを離れてダッグアウトか守備位置の方へ向かったとき、審判員がその行為を走塁する意思を放棄したとみなすことができると判断した場合、その走者はアウトを宣告される。・・・・・・・
--------------------------
という記述から2塁走者はアウトとなったようです。。。。。
そこで感想をいくつか、、、
 
1.
間違いなく、2塁走者君は自ら進塁を放棄した訳ではなく、その状況から仕方なく塁を離れた訳で、この走者をアウトにする前に!打席を離れてベンチに戻ろうとした打者を打席放棄でアウトにしたほうが良いんでね?
 
2.
相手チームの監督さんはすごい!
こんなルールが頭の中に入っていて、あのときにすかさず指摘されたこと。
上記の(2)が頭の中にあったことは明らかで、いや〜すごいすね。
 
3.
そして、、、これが一番大事です。
だ・か・ら・・・・
野球をするときは、攻撃中も守備中も常に集中力が大事です。
アウトカウント、ストライク・ボールカウント常に頭に置いておくことが大事ですよね?
なぜなら、今回の2塁走者だって、2−3と1−3では走塁の仕方が変わってきますよね。
打者が自分のストライク・ボールカウントを間違えちゃいけません。
ツーストライクからのバッティングとそれ以外とでは違いますよね?
だから、いつもいつでも、守備にいても、打席でも、もちろんコーチャでも、そしてベンチでも、試合の状況を頭におきましょう。

ここまで打った所で焼酎のグラスをひっくり返しました(^_^;)
怒られるぅ。。。。びしょびしょだ。。。

アウト・ストライク・ボールカウントだけじゃありません、、、、
・打者は右打ちか?左打ちか?
・体は大きいか?小さいか?
・前の打席はどうだったか?
・走者はどこにいるか?
.......
外野であくびをしてる暇なんて無いのが野球なんですよね?
グルグル頭の脳みそ全開で野球をすることなんかも考えてみましょうね。
 
ちょっと長くなってしまったし、わかり難かったかな?
子供達には、どうかわかり易く説明してあげてください。
間違ったことがあったら御指摘おねがいします。
 
 

【野球ルール】−グラブとミット

9aa4818e.jpg
【グラブとミット】

だいぶ間があいてしまいましたが今日はグラブとミットです。

本当は絵などをもっと使うとずっとわかりやすいのでしょうが、うまく絵が描けないので御勘弁を。

 

 
続きを読む
もとやなきん
ギャラリー
  • やなきん最後のもちつき
  • やなきん最後のもちつき
  • やなきん最後のもちつき
  • やなきん最後のもちつき
  • やなきん最後のもちつき
  • やなきん最後のもちつき
コメンツ
トラックバック
IKEA(イケヤ) (ブログで情報収集!Blog-Headline/living)
IKEA港北店・・
ミニバス (人気Blogランキング[今週16位])
柳島ミニバス!ベスト4!
柳島との練習試合 (管理人のひとりごと)
練習試合
柳島との練習試合 (管理人のひとりごと)
練習試合
国際標準に (The Key Note-スポーツの杜)
反則投球
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ